眼科
ご案内
スタッフ
担当医
検査・治療
斜視外来

検査・治療

 当院では、さまざまな眼疾患の診断に有効な多くの検査機器を備えており、国家資格をもつ視能訓練士3名で検査を行っています。
 網膜硝子体疾患の診断において有用なOCT(光干渉断層計)、インドシアニングリーン蛍光眼底造影検査も行っています。また、加齢性黄斑変性、糖尿病黄斑症、網膜静脈閉塞症などの治療に有効な抗VEGF薬の硝子体注射も行っています。

 最近では、最新の光学的眼軸長測定装置の導入により白内障手術における眼内レンズの選択の幅も広がりました。
 白内障手術は、片眼、原則2泊3日の入院で行っています。他に糖尿病網膜症、網膜前膜、黄斑円孔に対し硝子体手術加療も行っています。


先頭へ