循環器内科

診療科の特徴

*NCD参加について

 当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
 本事業について、患者さんにご理解頂きたい事項を掲載いたします。NCD(循環器内科).pdf

診療科の特徴

循環器内科-循環器疾患のトータル・ケアを目指して―


 循環器内科は現在、5名の医師で診療に当たっています。 チーム医療が特に重要になる領域です。

   疾患としては虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全、不整脈、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、肺塞栓症、睡眠時無呼吸症候群が対象です。

   私達が目指す循環器診療は、未病(お昼の健康講座などを通して皆さまへ健康情報を伝え、健康維持を目指す)、心筋梗塞や心不全などにならないための危険因子(高血圧症、高脂血症、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群、喫煙)の診療、不安定狭心症、心筋梗塞や心不全の急性期診療、安定狭心症や末梢動脈疾患へのカテーテル治療、クスリやカテーテル治療だけでは病気を安定、改善はできないので心大血管リハビリテーションやフットケアをおこない、循環器疾患のトータル・ケアを目指しています。

 そして、高齢化社会にあって高齢者のQOLを高める事を考えています。 検査機器も高性能のCT検査による「あなたの冠動脈が外来で診られる」心臓CT検査や「あなたの心臓の働きを外から詳しく診られる」最新鋭心臓超音波検査機器など非侵襲、低侵襲な検査機器を充実させています。

 循環器疾患は緊急の場合が多くみられます。常時、緊急での対応を心がけています。