看護部

認定看護師紹介



感染管理認定看護師
感染管理者 看護師長 千田 昌代
 病院へ診療のために来てくださる患者さんはもちろん、患者さんのご家族、面会の方、病院で働く人々を感染から守るために感染管理者として病院全体を横断的に活動しています。


がん性疼痛看護認定看護師
看護師長 柳原 照代
 がんという病気は、身体に感じる痛みはもちろんですが、その人が生活していくうえで、精神的、社会的、スピリチュアル的に絡み合って大きな痛みを与えます。それは、がんになった人だけでなく、その人にとって大切な人や家族の方も同じです。そのような方々に積極的に関わっています。


緩和ケア認定看護師
副看護師長 場家 豊美
 緩和ケアは、がんと診断された時から始まります。がんと共に生活する中で生じる身体のつらさだけでなく、さまざまな不安など、多くの心の揺れに対して支えていくことを目標にしています。たとえ治療が難しい状況になったとしても、より良く生活していけるように共に考え、患者さんとそのご家族が心穏やかに過ごせることを目指しています。


がん化学療法看護認定看護師
看護師 杉瀬 瞳
 がん化学療法とは、がん患者さんが抗がん剤を用いて治療することです。当院にも外来・入院それぞれにおいて治療を行っている患者さんがおられます。私は、看護師が安全に化学療法看護を実践できるように知識提供や環境整備を行っています。


糖尿病看護認定看護師
副看護師長 安藤 百合江
副看護師長 若林 昌子
 糖尿病看護認定看護師として、「患者さんの生活と思いに寄り添う支援」を大切にしています。患者さんや家族が自宅でどのような生活を望まれているのか、その思いを聴き一緒に考えること、また糖尿病に生活を合わせるのではなく、糖尿病を持ちながら、上手く生活できるように、生活の調整と支援を行っています。


摂食・嚥下障害看護認定看護師
副看護師長 高田 和加子
看護師 村川 高明
 摂食・嚥下障害看護認定看護師として活動しています。「食べることに何らかの障害」を抱えておられることが多いことに気づき、今後は病院内の患者さんはもちろん地域の方にも利用して頂けるサポートチームを目指しています。


脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
副看護師長 菅野 陽子
 当院では、脳卒中の患者さんを24時間受け入れており、専門的な治療が受けられるようになっています。脳卒中の患者さんが1日も早く回復して頂けるように、専門的な質の高い看護を目指しています。


皮膚・排泄ケア認定看護師
副看護師長 褥瘡管理者 近村 厚子
副看護師長 舟田 あい子
 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、「創傷(床ずれ・術後創・ろう孔)」、「ストーマ(人工肛門・人工膀胱)」、「失禁」に関するケアを専門的に行う看護師です。皮膚や排泄に問題をもつ患者さんやご家族が、入院から在宅に至るまで、安心して快適に過ごせるように支援しています。また、一人は専従で活動しています。


救急看護認定看護師
副看護師長 横井 よしみ
 救急外来に歩いて来院される「重症患者を見逃さない」ために、院内トリアージシステムの構築と院内の急変対応能力の向上に取り組んでいます。


認知症看護認定看護師
副看護師長 橋本 佳子
 認知症の患者さんは、環境の変化に対応できず、混乱し様々な症状を引き起こされます。そんな患者さんが安心して治療を受けられるようにお手伝いしています。


慢性呼吸器疾患看護認定看護師
主任看護師 前川 典子
 この慢性呼吸器疾患看護の認定看護師は、富山県内で私が第一号になります。多くの看護師が、呼吸器疾患やその看護について楽しく学び、実践できるような活動を行っていこうと思っています。