看護部
ご挨拶
理念・基本方針
組織
機能
教育
資格取得状況
認定看護師・専門看護師紹介
先輩看護師のメッセージ
福利厚生
イベント
スタッフ募集

認定看護師・専門看護師紹介

100822_02.jpg

感染管理認定看護師
副看護部長 千田 昌代
 病院へ診療に来てくださる患者さんはもちろん、患者さんのご家族、面会の方、病院で働く人々を感染から守るために専門的な知識と技術を用いて活動をしています。

がん性疼痛看護認定看護師
看護師長 柳原 照代
 がんによって引き起こされる痛みをがん性疼痛といいます。がん性疼痛の痛みは、お薬によって十分に緩和しコントロールできる痛みです。痛みを我慢しながら日常生活を送ることはとても辛いことです。痛みを緩和するため、医師・薬剤師と共に連携し、外来・入院問わず、相談に応じ、患者さんの痛みを緩和しています。

緩和ケア認定看護師
副看護師長 場家  豊美 
副看護師長 藤縄 マスミ
  緩和ケアは、がんと診断された早期から継続して行われることが望ましいとされています。当院でも、医師からの病状説明時に同席し、早期から患者さん・ご家族の心の揺れに寄り添い、必要とする支援を継続して受けていただくことができます。
 また、外来・入院を問わず横断的に活動を行い、患者さん・ご家族の身体的・精神的・経済的な面への困りごとについて、多職種と連携し支援を行っています。
 また看護職員に対しては、緩和ケアに関する看護の質向上を目指し、定期的な勉強会を開催し知識の向上に努めています。

糖尿病看護認定看護師
副看護師長 安藤 百合江
副看護師長 若林 昌子
  糖尿病は慢性疾患であり、生涯にわたり治療や患者さん自身によるセルフケアが必要となります。これまでの生活習慣に、新たに糖尿病を管理していくためのセルフケア行動を取り入れていくことはとても難しく、不安や戸惑いなどを感じる方は少なくありません。
 患者さんがよりよい形でセルフケア行動を生活の中に取り入れることができ、合併症の発症や重症化を予防しながら、糖尿病と共にその人らしく健やかな生活を送ることができるよう糖尿病看護外来を行っています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師
看護師長 高田 和加子
主任看護師 村川 高明

 近年、脳血管障害による嚥下障害だけでなく、加齢が原因による摂食障害も増えております。嚥下障害があると、口から食べることが困難な状態や、誤嚥性肺炎を起こすことも多くあります。当院では、口から食べる楽しみを継続できるように、サポートチームで、嚥下障害者に対して嚥下訓練を行っております。院内だけでなく地域において利用していただけるサポートチームを目指して取り組んでいます。


脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
副看護師長 菅野 陽子
 脳卒中は突然発症し、脳梗塞、脳出血の部位によって様々な症状を起こします。本人だけはでなくご家族の方も大きな精神的なショックを起こされます。早期から安全にリハビリテーションを行うことで改善する症状もあり、後遺症を最小限にすることを目標としています。 リハビリテーション看護は、本人の意欲を損なうことなく、ご家族と一緒に取り組んで行けるようにお手伝いしたいと思い、スタッフ一丸となって皆様のお役に立ちたいと考えます。再発予防についての出前講座も行っておりますので、地域の皆様のお力添えになれることを願っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師
看護師長 近村 厚子
副看護師長 舟田 あい子

 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、皮膚や排泄に問題をもつ患者さんやご家族が入院から在宅に至るまで、安心して快適に過ごせるよう支援をしています。
 床ずれの発生は減少していますが、一方骨折治療によるギブス装着や血栓予防のためのストッキング装着など多様な医療機器が治療のため使用されます。その使用のため生じる皮膚障害が目立つようになりました。そこで、そのような医療機器装着における皮膚障害から予防できる取り組みをしています。
 次いで平成28年度からは尿道カテーテル留置後の排尿トラブルに対し、医師や理学療法士と共同し、チームで専門的ケアを提供しています。1日でも早く症状が改善し、排尿自立の方向へ導けるよう活動をおこなっています。


救急看護認定看護師
副看護師長 横井 よしみ
 「急変時に慌てず、迅速かつ的確な初動対応を実践することができる」ことを目的に、今年度は全看護職を対象に「救急カートの運用基準」研修会を開催し、急変時対応力の向上に取り組んでいます。 歩いて来院される「重症患者を見逃さない」ために、院内トリアージを行っています。トリアージナースを対象に、事後検証・事例検討会を開催し、トリアージの質の向上に努めています。


認知症看護認定看護師
副看護師長 橋本 佳子
 認知症の方は突然の入院に混乱され、様々な症状を起こされます。入院される患者さんが、安心して治療が受けられ、早期に生活の場へ退院できるように、医師を中心に多職種と共に週1回病棟を回診しています。
 症状が安定された方に対しては、レクリエーションを定期的に行い、生活リズムが整うようお手伝いしています。


慢性呼吸器疾患看護認定看護師
主任看護師 前川 典子
 慢性呼吸器疾患を有する患者さんとそのご家族が、その人らしく生活できるように入院中は多職種と共同しながら専門的な知識を持って看護ケアを提供しています。また、病院内を横断的に活動し、看護師を中心に相談・指導を実施しています。
 毎週金曜日は呼吸器看護外来を実施しており、退院後や通院中の患者さんに対し生活指導や、在宅療養の不安の軽減に努めています。
先頭へ