当院のご案内
2019年4月 院長ご挨拶
病院概況
ミッション(使命)・行動指針・患者さんの権利と責務
病院沿革・年史
施設基準・施設認定一覧
中期事業計画

ミッション(使命)・行動指針・患者さんの権利と責務

ミッション(使命):社会において果たしたいと考える役割

『 患者さん本位の心温まるすぐれた医療の提供 』

ビジョン(将来像):中長期に実現したい状態

  • 地域住民の健康寿命の延伸
  • 健康被害を抱える人々の生活の質の向上
  • 働きがいのある職場環境の形成

バリュー(価値観):意思決定を導く普遍の原則

  • 医療の質向上をめざすこと
  • 地域に貢献すること
  • 自己研鑽と育成に努めること
  • 健全経営をめざすこと

行動指針:どのように考え、どのように行動するのかの基本となる方針

  • 私たちは 患者さんの立場にたって行動します
  • 私たちは 患者さんの権利を尊重します
  • 私たちは 信頼される医療を提供します
  • 私たちは 生活困窮者を支援します
  • 私たちは 働きやすさとやりがいのある職場をめざします
  • 私たちは 同心協力の心を大切にします
  • 私たちは 法令・規則を遵守します
  • 私たちは 自己研鑽に努めます
  • 私たちは 次代を担う医療人を育てます
  • 私たちは 安定した事業の運営をめざします
  
その他理念・指針・方針についてはこちらをご確認ください。

患者さんの権利と責務

私たちは、医療行為が患者さんと医療者との信頼関係の上に成り立つものであり、医療は患者さん中心であることを深く認識して、ここに「患者さんの権利と責務」を定めます。


患者さんの権利

1. 個人としてその人格を尊重される権利

患者さんはひとりの人間として、その人格・価値観などが尊重される権利があります。

2. 質の高い医療を公平に受ける権利

患者さんは、適切で質の高い医療を公平に継続して受ける権利があります。

3. 十分な情報を知り、説明を受ける権利

   患者さんは、ご自身が受けている医療について知る権利や診療情報の開示を求める権利があります。また、その内容や危険性、他の方法の有無と長所・短所などについて、患者さんが分かる言葉で、十分に理解できるまで説明(インフォームドコンセント)を受ける権利があります。

4. 選択の自由と自己決定する権利

患者さんは、病院や医師を自由に選択し変更する権利と、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。また、分かりやすい説明を受け十分納得された上で、ご自身が検査や医療を選択する権利、あるいは拒否する権利があります。

5. プライバシーが守られる権利

   患者さんは、ご自身に関する個人の情報やプライバシーが守られる権利があります。


患者さんの責務

1. 自身の情報を正しく提供する責務

ご自身の自覚症状、病歴や服薬歴などをできるだけ正確に伝えてください。また、診療・療養中におこるご自身の希望を遠慮せずに伝えてください。

2. 診療行為に協力する責務


3. 療養に専念する責務


4. マナーや規則を守る責務

他の患者さんの診療や職員の業務に支障をきたすことがある場合には、ご協力をお願いすることがあります。

5. 医療費を支払う責務

   医療費の支払いなどでお困りの方は、患者相談窓口(1階エントランスホール4番)にご相談ください。
先頭へ