看護部

先輩看護師のメッセージ


「毎日、笑顔で元気に」がモットーです
5階病棟勤務 看護師 藤田愛也音

 初めのころはとにかく覚えることだらけ、慣れないことばかりで、一つひとつに時間がかかっていました。そのため、先輩にアドバイスをもらいながらいろいろと模索しました。その結果、無駄な動きを省くために、順序立てて優先順位を考えながら動けるようになってきました。
 仕事に余裕が出てくるにつれ、先輩に褒められたり、患者さんにも「あんた元気やねえ。」「いい笑顔やねえ。」「いつもありがとうね。」といわれることも増えてきました。いろいろな人の言葉が、私をがんばろうという気持ちにさせてくれていることを実感しています。今では、素の自分を出すことができるようになり、病棟スタッフ、リハビリスタッフとも楽しく仕事をしたり、先輩や後輩と遊びに行ったりと、充実した毎日を過ごしています。
100404_01.jpg


日々、たくさんの方々に支えられています
7階病棟勤務 看護師 谷 歩奈美

 私が済生会富山病院に就職しまもなく2年になります。人の命に携わる職場であるため今でも毎日が緊張の連続です。しかし、白衣を着て患者さんのところに行くと自然にせず字が伸びて、「ありがとう、また頼むちゃ。」の声に勇気づけられています。
 私がこの病院に就職したのは、当時学生であった私に、看護師のみならず他職種の方からも積極的に声をかけて頂いたことがきっかけでした。働いてみると、栄養士やリハビリなど様々な職種の方たちと患者さんの情報を今共有することで、より広い視野から患者さんをサポートすることができると学びました。
 私生活でも、医師や検査技師、事務の皆さんと病院の近くの体育館でバトミントンをすることが休日の楽しみになっています。
100404_02.jpg