眼科

斜視外来

Q1.どのような症状や病気の方の外来でしょうか?

小児の斜視、弱視の方が多く受診されています。
斜視とは、両眼の視線が見る目標物に正しく向かわない目の位置の異常がある状態をいいます。病気や事故が原因で起こる麻痺性の斜視の方も受診されます。この場合、大人の方が多いです。
弱視とは、小児で強度な遠視や乱視があったり斜視が原因で適切な眼鏡装用をしても見えにくい状態をいいます。

Q2.どのような検査や治療が行なわれるのでしょうか?

初診時は、一般的な眼科の検査(視力、屈折、前眼部、眼底)を行います。斜視が目の病気から来る場合もあるので、まず、目に斜視の原因となる病気がないかを調べます。脳の検査を行うこともあります。
斜視の原因となる病気がない場合は、斜視外来の予約をお取りします。
富山大学三原医師による斜視外来は、毎月第1水曜日の午後に行っています。
眼科の検査のほとんどは、国家資格を持つ視能訓練士が医師の指示のもと行います。当院には、視能訓練士が4名おり(常勤2名、パート2名)さまざまな検査に対応しています。
斜視の検査は、眼球運動、斜視の定量、立体視検査、両眼視検査などがありどの検査も痛みは伴いません。
子供たちが楽しく検査を受けてくれるように絵やスライドを使用して遊びながら目の動きや斜視の状態を検査するよう工夫しています。
斜視の治療は、眼鏡装用やプリズム装用、手術があります。
どのようなタイプの斜視でも1度の診察で治療が終わりません。数回検査を繰り返して治療方針が決まります。経過を見るために定期的な通院、検査が必要です。

Q3.受診するにはどうすればよいでしょうか?

基本的には、一般の外来に受診していただきます。その後、斜視外来に予約をお取りします。
小さなお子様や斜視外来あての紹介状をお持ちの場合、眼科にお電話いただければ来院していただく日時を予約いたします。
小さなお子様の場合は、午前の混雑した中での検査は難しいので比較的余裕のある午後の時間帯に予約をお取りいたします。
ご不明な点やご心配な点があれば、眼科外来、視能訓練士までお電話下さい。