当院の活動報告
業務改善活動
院内輸血療法研修会
コミュニケーション推進活動

院内輸血療法研修会

2016.03.22 院内輸血研修講演会の報告

 今年度も安村 敏先生(富山大学附属病院輸血細胞治療部)をお招きして、院内輸血研修講演会が開催されました。これまでも、目から鱗が落ちるような内容ばかりでしたが、今回も安全な輸血療法を行うための様々なポイントについて分かりやすくご講演していただきました。なかでも、アルブミン製剤の有効性に関するエビデンスに関するお話は本当に驚きの連続でした。今回の講演で学んだことを活かして、職員一同、より安全な輸血療法を目指してさらなる取り組みを推進していくつもりです。
(文責:久保道也)

【研修会の様子】

100079_08.jpg100079_09.jpg


2015.03.17 院内輸血療法研修講演会の報告

 さる平成27年3月17日 富山大学附属病院輸血細胞治療部(診療教授)の安村 敏先生をお招きして院内輸血研修講演会が開催されました。テーマは「輸血をめぐる最近の話題」で、輸血に関連する安全管理の話題や最先端のトピックスを含めて、約1時間の非常に分かりやすいご講演をしていただきました。特に現在、血液製剤のFFP(新鮮凍結血漿)は男性由来のものしか用いられておらず、この知識はほぼ全職員がこの場で初めて得ることができました。今回も大好評で、参加した全職員が安全な輸血療法とその管理に取り組んでいく決意を新たすることができました。
(文責:久保道也)

【研修会の様子】

100079_06.jpg

100079_07.jpg


2013.03.27 院内輸血療法研修会の報告

 「輸血のトラブルシューティング」平成25年3月27日 富山大学附属病院 輸血細胞治療部長(診療教授)の安村 敏先生を講師にお迎えして院内輸血療法研修会が開催されました。ご講演のテーマは「ベッドサイドで必要な輸血の知識」で、また輸血療法における最先端のトピックスも交えながら、約1時間の非常に分かりやすいお話をしていただきました。院内からの参加者は100名弱で、より安全な輸血療法とその管理を勉強できる絶好の機会であったと、大変好評でした。
(文責:久保道也)

【研修会の様子】

100079_03.jpg
100079_04.jpg

2012.02.10 院内輸血療法研修会の報告

 平成24年2月10日、富山大学附属病院 輸血細胞治療部長の安村 敏先生を講師にお迎えして院内輸血療法研修会が開催されました。ご講演のテーマは「ベッドサイドで必要な輸血の知識」で、また輸血療法における最先端のトピックスも交えながら、約1時間の非常に分かりやすいお話をしていただきました。院内からの参加者は100名弱で、より安全な輸血療法とその管理を勉強できる絶好の機会であったと、大変好評でした。
(文責:久保道也)

【研修会の様子】

100079_05.jpg
「講師の安村敏先生」
100079_02.jpg
「熱心に聴講する職員」

先頭へ