診療各科
内科
消化器内科
循環器内科
糖尿病・内分泌内科
神経内科
小児科
外科
消化器外科
整形外科
脳神経外科
脳卒中内科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
麻酔科
リハビリテーション科
放射線科
歯科口腔外科
部門・センター
脳卒中センター
消化器内視鏡センター
人工透析センター
人工関節センター
看護部
薬剤科
放射線技術科
臨床検査科
病理診断科
リハビリテーション科
栄養管理科
臨床工学科
地域医療連携室
医療安全管理部
感染対策部
専門外来
フットケア外来
高次脳機能障害外来
脳血管内治療外来
少年野球肘外来
男性不妊症外来
母乳外来・母乳育児相談
斜視外来
セカンドオピニオン外来
看護支援外来
看護支援外来
健康講座
出前講座

看護部

ご挨拶


― 人を活かし、思いや看護をつなぐ ― 看護部長 金山 洋子  

100153_01.jpg
看護部長 金山 洋子

私たち看護部は、済生会の使命をふまえ、当院の基本理念『患者さん本位の心温まるすぐれた医療の提供』に基づき、医療チームの一員として良質で安全な医療を受けていただけるよう、一歩一歩質の向上に努めてまいりました。
   また、『すべての患者さんとその家族の皆さんにに対して患者さん中心の専門職看護を提供します』を看護部の理念としております。この理念に基づいた“つなぐ”“人を活かす”ことに重点をおいた人材育成に努めております。
  そして、看護師が日々成長できる環境と個々人の可能性を広げ、開花できるようなサポートを目指しています。人を活かし、思いや看護をつなぐことができることで、やりがいのある職場になり、真の質の高いケアの提供につながると考えております。特に、患者さんと直に触れあうことの多い看護師として、「この病院に来てよかった」「職員の○○さんに出会えてよかった」と思って頂けるようなケアを提供できる病院になれるよう心がけております。
 よりよい看護・医療は、看護師だけでなくあらゆる職種がしっかりとつながり、患者さんや家族の皆さんと共につくりあげていくものです。そうやってつくりあげる中で、たくさんの励ましやアドバイスをいただき、私たち看護師は成長してまいりました。その成果をしっかりと患者さんや皆さんに還元していきたいと考えております。


理念・基本方針

看護部の理念

 すべての患者さんとその家族の皆さんに対して、患者さん中心の専門的看護を提供します。


看護部の基本方針

  1. 倫理に即した看護を提供します
  2. 安心できる安全な看護を提供します
  3. 満足度の高い看護を提供します
  4. 地域への保健・医療・福祉活動に積極的に参画します
  5. キャリア開発に努めます
  6. 組織経営感覚を養います

機能

 

100156_01.jpg

看護部の理念および基本方針に沿って、看護部の目標を達成するために、上図のとおり会議・委員会活動を行っています。


資格取得状況

当院では安心安全な医療のため、より専門で質の高い医療を提供できるよう、積極的な資格取得の支援をしています。
また、資格を活かして、院内での指導にも力を入れております。

専門看護師

より水準の高い看護ケアを効率よく提供するため、特定の専門看護分野の知識、技術を深めた看護師です。

金のバッジをつけて複雑で解決困難な患者さんの問題や医療スタッフの相談に応じてから、水準の高い看護ケアを提供しています。

 (平成29年 9月 1日 現在 1名)

分野 人数
がん看護  1名

認定看護師

質の高い看護と看護師のキャリア開発ができるよう、認定看護師教育を病院で支援していった結果、100床あたりの認定看護師数は6名と県内でトップクラスの人数となっております。

当院の認定看護師には襟元に認定バッジがついておりますので、是非チェックしてみてください。

 (平成29年 9月 1日 現在 16名)

  分野 人数
1. 救急看護
 1名
2. 皮膚・排泄ケア
 2名
3. 緩和ケア
 2名
4. がん化学療法看護
 1名
5. がん性疼痛看護
 1名
6. 感染管理
 2名
7. 糖尿病看護
 2名
8. 摂食・嚥下障害看護
 2名
9. 認知症看護
 1名
10. 脳卒中リハビリテーション看護
 1名
11. 慢性呼吸器疾患看護
 1名

認定・指導士など

  分野 人数
BLSインストラクター
1名
Healthcareプロバイダー
5名
患者急変対応コースfor Nurses プロバイダーコース
1名
ICLSコースインストラクター
1名
JPTECインストラクター
2名
JPTECプロバイダー
4名
ITLSインストラクター
1名
JNTECインストラクター
1名
JNTECインストラクター
1名
MCLS(標準)コース
(多数傷病者への対応標準化トレーニングコース)
2名
IBCLC母乳指導相談者
1名
タクティールケア Iコース(手・足・背中)
1名
オムツフィッター3級(むつき庵)
6名
セラピスト検定3級
1名
栄養サポートチーム専門療法士認定
  (日本静脈経腸栄養学会)
2名
心臓リハビリテーション指導士
6名
人間ドック食生活改善指導士
1名
人間ドック健診情報管理指導士
1名
日本糖尿病療法指導士
5名
富山県糖尿病療養生活支援ナース認定
1名
足病変予防指導士2級認定
1名
快適CIC指導士(間歇導尿指導認定)
1名
フットケア指導士
2名
認知症ケア専門士
1名
消化器内視鏡技師
3名
透析技術認定士
3名
透析療法指導看護師
1名
弾力ストッキングコンダクター認定
1名
日本禁煙学会認定指導看護師認定
1名
医療メディエーターB認定
1名
富山県臓器移植院内コーディネーター
1名
医療安全管理者認定
1名


認定看護師・専門看護師紹介

100822_02.jpg

感染管理認定看護師
 副看護部長 千田 昌代
 病院へ診療に来てくださる患者さんはもちろん、患者さんのご家族、面会の方、病院で働く人々を感染から守るために専門的な知識と技術を用いて活動をしています。


がん性疼痛看護認定看護師
看護師長 柳原 照代
 がんによって引き起こされる痛みをがん性疼痛といいます。がん性疼痛の痛みは、お薬によって十分に緩和しコントロールできる痛みです。痛みを我慢しながら日常生活を送ることはとても辛いことです。痛みを緩和するため、医師・薬剤師と共に連携し、外来・入院問わず、相談に応じ、患者さんの痛みを緩和しています。


緩和ケア認定看護師
副看護師長 場家  豊美 
副看護師長 藤縄 マスミ
 緩和ケアは、がんと診断された早期から継続して行われることが望ましいとされています。当院でも、医師からの病状説明時に同席し、早期から患者さん・ご家族の心の揺れに寄り添い、必要とする支援を継続して受けていただくことができます。
 また、外来・入院を問わず横断的に活動を行い、患者さん・ご家族の身体的・精神的・経済的な面への困りごとについて、多職種と連携し支援を行っています。
 また看護職員に対しては、緩和ケアに関する看護の質向上を目指し、定期的な勉強会を開催し知識の向上に努めています。


糖尿病看護認定看護師
副看護師長 安藤 百合江
副看護師長 若林 昌子
 糖尿病は慢性疾患であり、生涯にわたり治療や患者さん自身によるセルフケアが必要となります。これまでの生活習慣に、新たに糖尿病を管理していくためのセルフケア行動を取り入れていくことはとても難しく、不安や戸惑いなどを感じる方は少なくありません。
 患者さんがよりよい形でセルフケア行動を生活の中に取り入れることができ、合併症の発症や重症化を予防しながら、糖尿病と共にその人らしく健やかな生活を送ることができるよう糖尿病看護外来を行っています。


摂食・嚥下障害看護認定看護師
看護師長 高田 和加子
主任看護師 村川 高明
 近年、脳血管障害による嚥下障害だけでなく、加齢が原因による摂食障害も増えております。嚥下障害があると、口から食べることが困難な状態や、誤嚥性肺炎を起こすことも多くあります。当院では、口から食べる楽しみを継続できるように、サポートチームで、嚥下障害者に対して嚥下訓練を行っております。院内だけでなく地域において利用していただけるサポートチームを目指して取り組んでいます。


脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
副看護師長 菅野 陽子
 脳卒中は突然発症し、脳梗塞、脳出血の部位によって様々な症状を起こします。本人だけはでなくご家族の方も大きな精神的なショックを起こされます。早期から安全にリハビリテーションを行うことで改善する症状もあり、後遺症を最小限にすることを目標としています。 リハビリテーション看護は、本人の意欲を損なうことなく、ご家族と一緒に取り組んで行けるようにお手伝いしたいと思い、スタッフ一丸となって皆様のお役に立ちたいと考えます。再発予防についての出前講座も行っておりますので、地域の皆様のお力添えになれることを願っています。


皮膚・排泄ケア認定看護師
看護師長 近村 厚子
副看護師長 舟田 あい子
 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、皮膚や排泄に問題をもつ患者さんやご家族が入院から在宅に至るまで、安心して快適に過ごせるよう支援をしています。
 床ずれの発生は減少していますが、一方骨折治療によるギブス装着や血栓予防のためのストッキング装着など多様な医療機器が治療のため使用されます。その使用のため生じる皮膚障害が目立つようになりました。そこで、そのような医療機器装着における皮膚障害から予防できる取り組みをしています。
 次いで平成28年度からは尿道カテーテル留置後の排尿トラブルに対し、医師や理学療法士と共同し、チームで専門的ケアを提供しています。1日でも早く症状が改善し、排尿自立の方向へ導けるよう活動をおこなっています。


救急看護認定看護師
副看護師長 横井 よしみ
 「急変時に慌てず、迅速かつ的確な初動対応を実践することができる」ことを目的に、今年度は全看護職を対象に「救急カートの運用基準」研修会を開催し、急変時対応力の向上に取り組んでいます。 歩いて来院される「重症患者を見逃さない」ために、院内トリアージを行っています。トリアージナースを対象に、事後検証・事例検討会を開催し、トリアージの質の向上に努めています。


認知症看護認定看護師
副看護師長 橋本 佳子
 認知症の方は突然の入院に混乱され、様々な症状を起こされます。入院される患者さんが、安心して治療が受けられ、早期に生活の場へ退院できるように、医師を中心に多職種と共に週1回病棟を回診しています。
症状が安定された方に対しては、レクリエーションを定期的に行い、生活リズムが整うようお手伝いしています。


慢性呼吸器疾患看護認定看護師
主任看護師 前川 典子
 慢性呼吸器疾患を有する患者さんとそのご家族が、その人らしく生活できるように入院中は多職種と共同しながら専門的な知識を持って看護ケアを提供しています。また、病院内を横断的に活動し、看護師を中心に相談・指導を実施しています。
 毎週金曜日は呼吸器看護外来を実施しており、退院後や通院中の患者さんに対し生活指導や、在宅療養の不安の軽減に努めています。

先輩看護師のメッセージ

「毎日、笑顔で元気に」がモットーです
5階病棟勤務 看護師 藤田愛也音

 初めのころはとにかく覚えることだらけ、慣れないことばかりで、一つひとつに時間がかかっていました。そのため、先輩にアドバイスをもらいながらいろいろと模索しました。その結果、無駄な動きを省くために、順序立てて優先順位を考えながら動けるようになってきました。

 仕事に余裕が出てくるにつれ、先輩に褒められたり、患者さんにも「あんた元気やねえ。」「いい笑顔やねえ。」「いつもありがとうね。」といわれることも増えてきました。いろいろな人の言葉が、私をがんばろうという気持ちにさせてくれていることを実感しています。
   
   今では、素の自分を出すことができるようになり、病棟スタッフ、リハビリスタッフとも楽しく仕事をしたり、先輩や後輩と遊びに行ったりと、充実した毎日を過ごしています。

100404_01.jpg


日々、たくさんの方々に支えられています
7階病棟勤務 看護師 谷 歩奈美

 私が済生会富山病院に就職しまもなく2年になります。人の命に携わる職場であるため今でも毎日が緊張の連続です。しかし、白衣を着て患者さんのところに行くと自然にせず字が伸びて、「ありがとう、また頼むちゃ。」の声に勇気づけられています。

 私がこの病院に就職したのは、当時学生であった私に、看護師のみならず他職種の方からも積極的に声をかけて頂いたことがきっかけでした。働いてみると、栄養士やリハビリなど様々な職種の方たちと患者さんの情報を今共有することで、より広い視野から患者さんをサポートすることができると学びました。

 私生活でも、医師や検査技師、事務の皆さんと病院の近くの体育館でバトミントンをすることが休日の楽しみになっています。

100404_02.jpg

福利厚生

・更衣室が設置されています。出入り口は防犯のため、テンキー方式になっています。 更衣室内には仮眠室、シャワー室が整備されています。

・ユニホームは貸与され、委託業者により洗濯されます。 ナースシューズは毎年3種類の中から好みのタイプを選ぶことができます。

なお、平成30年4月に、看護部人気投票により選ばれた新ユニホームに変更になります。

 写真は現在のユニホームです。
100161_01.jpg
           女性看護師
100161_02.jpg
           男性看護師
100161_03.jpg
            看護助手


・ワークライフバランス(WLB)活動
看護部では平成27年度より看護職のワークライフバランス推進ワークショップに参加し、看護職が働き続けられる環境づくりを行うことを目的に推進チームを設け、活動に取り組んでいます。

イベント

看護週間

 21世紀の高齢化社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を広く国民の皆さまが分かち合うことが必要となります。このことを老若男女を問わず、だれでも認識するきっかけとなるように厚生労働省が1990年に、「看護の日」を制定しました。看護の日は近代看護を築いたフローレンスナイチンゲールの生誕の日「5月12日」に、またその日を含む1週間が「看護週間」となりました。

看護の日

ふれあい看護体験  毎年、看護の日に病院を利用される方々(外来・入院患者、患者家族、面会者)や地域住民の方々と看護ケアの体験を通して、ふれあいを深めています。


あなたの健康チェックコーナー
体組成計を使用し、体脂肪や筋肉量、推定骨量を測定
3867


アロマハンドマッサージコーナー
アロマオイル4種類を用いて、ハンドマッサージを実施
8435


管理栄養士・摂食嚥下認定看護師による栄養相談と嚥下食展示
脂質異常症や高血圧症など疾患に合わせ、管理栄養士がパンフレットを使用し指導。
8477

認知症テスト
認知症予防学会から出ている認知症自己診断テストを施行。 院内の認知症認定看護師による個別指導。
8470

新人看護師歓迎会

  4月に新人・新任者が部署に早く馴染めるように看護部主催のなでしこ会で新人歓迎会を行っています。
  歓迎会では、軽食やお菓子を囲んで和やかな雰囲気で談笑しながら、各部署の紹介や新人の自己紹介、椅子取りゲームやクイズ等の参加を通して、新人・新任者が各部署のスタッフと親睦が図れるように、毎年色んな企画を準備しています。
  皆さんとスタッフがお互いのことを知り、関心に繋がればと思っています。
101149_01.png

スタッフ募集

 看護師、助産師採用募集はこちら

 看護助手採用募集はこちら

先頭へ