臨床工学科

臨床工学科

紹介

 臨床工学技士とはコメディカルスタッフの一職種であり、医師の指示のもとに血液浄化装置、人工呼吸器等の生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを仕事とする医療職です。医療機器の専門職としてチーム医療に貢献しています。
当院の臨床工学科は、平成16年にME室として発足し、平成20年に臨床工学科が設立となり、医療機器に関わる様々な業務に従事しています。

業務内容

 主な業務として院内の医療機器を台帳管理し、使用頻度ごとに使用前点検や定期点検などを行っています。そのほかにも透析室や手術室などでは機器の操作も行い、臨床現場にも積極的に参加しています。
   また、機器の故障・トラブル発生時などに対応し、医療機器の安全の確保に取り組んでいます。
 当科で主だって管理している医療機器には以下のようなものがあります。

ME室 輸液ポンプ
シリンジポンプ
バックバルブマスク
低圧持続吸引器
経腸栄養ポンプ
ネブライザ付酸素流量計
人口呼吸器
非侵襲型人工呼吸器
人工透析センター 血液透析装置
血液浄化装置
手術室 麻酔器
電気メス
超音波吸引装置
超音波凝固切開装置
マイクロ波手術装置
自己血回収装置
内視鏡外科手術システム
白内障用手術システム
血管撮影室 PCPS
IABP
体外式ペースメーカー
病棟・外来 AED
除細動
保育器
光線治療器


100616_01.jpg  100616_02.jpg

スタッフ

 当科には、現在 5名の臨床工学技士が在籍しています。取得資格は以下の通りです。(平成28年11月1日時点)

透析技術認定士 2名
呼吸療法認定士 1名
第2種ME実力認定士 5名
第1種ME実力認定士 1名
臨床ME専門認定士 1名