放射線科

放射線科

診療科の特徴

 放射線科(画像診断部門・IVR診療部門)では、X線撮影・CT・MRI・RI・各種造影検査の管理・画像診断・血管系IVRを行っています。医師・看護師・受付事務員のチームが放射線技術科・関連各科との関係を密とし、患者さんにやさしく安全で質の高い画像検査管理・診断・IVRを提供しています。

News & Topics

 放射線科医師によるIVRは血管系IVRの内、脳神経領域、循環器領域を除く全身の疾患を対象としています。主なものとしては、動注化学療法、血管塞栓術(TACE、BRTO、内臓動脈瘤塞栓術、動脈性出血に対する塞栓術、etc.)、血管拡張術(透析シャント・閉塞性動脈硬化症等に対するPTA、etc.)、動注ポート設置、中心静脈ポート設置等があります。院内外からの依頼に対応し、緊急例にも積極的に取り組んでいます。ご依頼・ご相談はIVR担当医師:蔭山(内線4133)までお願いします。

  *IVR(Interventional Radiology):画像診断用機器を使用して行われる、低侵襲治療


スタッフ紹介

蔭山 昌成(かげやま まさなり)
100495_01.jpg
卒業年 平成元年3月
役 職 放射線科部長
放射線技術科部長
専門分野 血管系IVR
学会認定資格 日本IVR学会専門医
日本医学放射線学会放射線診断専門医