外科

外科について

*NCD参加について

 当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
 本事業について、患者さんにご理解頂きたい事項を掲載いたします。

NCD(外科).pdf

診療科の特徴

 消化器疾患を中心に乳腺疾患、甲状腺疾患、一般外科(ヘルニア、肛門疾患など)と幅広く診療を行っています。特に消化器がんは消化器内科と連携し確実な診断を行い、患者さんと一緒に最良の治療法を考えています。

外来診療について

  • 午後に手術を行うため診察は午前中です
  • 手術を受けられる患者さんの診察および術前検査
  • 乳腺、頚部のしこりや痛みの診察
  • 急におなかが痛くなり手術が必要かどうかの診察
  • 事故などによるおなか(内臓)のけがの診察
  • 術後の患者さんの経過観察のための診察
  • がんの化学療法

当科で行っている主な手術

  • 頚部:甲状腺腺腫、甲状腺がん、頚部腫瘍
  • 乳腺:乳がん、乳腺腫瘍
  • 食道:良性食道疾患
  • 胃・十二指腸・小腸:胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、小腸腫瘍、腸閉塞症
  • 大腸・直腸:大腸がん、直腸がん、大腸潰瘍、虫垂炎
  • 肛門:痔(内痔核、外痔核、肛門周囲膿瘍、痔ろう)、直腸脱
  • 肝臓:肝臓がん、肝内結石
  • 胆のう・胆管:胆石症、胆のう炎、胆管結石、胆のうがん、胆管がん
  • 膵臓:膵臓がん、膵のう胞
  • 腹壁:ヘルニア(脱腸)など
  • 上記に腹腔鏡下手術を導入し、患者さんの負担軽減を図っています

がんの診療

 がんは日本人の死亡原因の第1位です。
 消化器がんは消化器内科と連携し、確実な診断のもとに可能なら内視鏡的治療を勧めます。手術の場合 各専門医が患者さんの個人個人の全身状態・社会的状況・がんの進行具合を考慮し、その患者さんそして家族の方と最良の治療法を一緒に考えていきたいと思っています。
 部長2名が20年以上の経験を持つベテラン外科医です。また、看護師、薬剤師、リハビリ、管理栄養士など様々な職種が協同し患者さんのサポートをします。

関連する学会施設認定

  • 日本外科学会修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度修練認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • 日本消化器病学会関連認定施設
  • 日本胆道学会認定指導医制度指導施設