麻酔科

麻酔科

診療科の説明

    手術室内、血管造影室内で行われる手術が安全に行われるように管理しています。
    スタッフは、常勤麻酔科医2名と富山大学から非常勤麻酔科医の派遣を受けています。麻酔科が担当するのは、全身麻酔、硬膜外麻酔で、年間約1,000件の麻酔を管理しています。
    手術前に患者さんを訪問し、全身状態を把握して、麻酔内容を説明します。
    全身麻酔中は、人工呼吸を行い、主に麻酔ガスを使用して麻酔を行います。手術中は常に麻酔を持続的に使用しますので、途中で麻酔が覚めることはありません。患者さんが痛みを感じないようにするだけでなく、各種モニターを使用し、患者さんの呼吸や循環を管理します。
    手術後も、患者さんの不快な痛みや吐き気がなく、快適に過ごしていただけるよう手助けしています。

スタッフ紹介   

青木 優太 (あおき ゆうた)
100737_03.jpg 卒業年 平成16年3月
役 職 麻酔科医長
学会認定資格 日本麻酔科学会 専門医
その他 医師臨床研修制度に係る臨床指導医