病理診断科
ご紹介
スタッフ
主な設備

ご紹介

   病理診断科は、臨床検査科病理検査室として活動してまいりましたが、平成22年に業務の拡大や重要性を背景に臨床検査科より独立した部署として発足いたしました。病理診断科では、主に病理組織診断と細胞診断を行っております。
   また、施設認定として日本病理学会研修登録施設及び日本臨床細胞学会教育研修施設、日本臨床細胞学会施設認定を受け高度な医療の提供に努めております。

病理組織診断(組織検査)


 手術や生検などで採取された組織は、固定→切り出し→包埋→薄切→染色の各工程を経てプレパラート標本となります。正しく標本作製できなければ正しい診断はできません。当院では高度な技術を有した病理専門の臨床検査技師(認定病理検査技師)が標本を作成します。
   その後、プレパラート標本を病理専門医が診断いたします。更に必要な場合は免疫組織化学染色や、遺伝子解析、特殊染色などを行い精度の高い病理診断を行っております。

100674_02.jpg

細胞診断(細胞診検査)

   健診などの喀痰や婦人科癌検診時の頚部擦過、尿など比較的侵襲性の低い方法で採取された細胞をプレパラート標本とし、細胞検査士によるファーストスクリーニングにより正常以外の細胞をふるい分け致します。
  その後、当院では更に2人の細胞検査士によるセカンドスクリーニングを行います。最終的に有病細胞の疑いのある検体は細胞診専門医による診断を行います。

100674_03.jpg
先頭へ