地域医療連携
地域医療連携室
かかりつけ医紹介
かかりつけ医MAP

地域医療連携室

100147_10.jpg
  当院では、地域の医療機関(かかりつけ医)と円滑な連携をとりながら、地域の皆様に安心できる医療を提供することを目指しています。地域医療連携室は、地域との連携の窓口であり、主に以下のことを行っています。
 ○地域の医療機関との連携
 ○かかりつけ医相談
 ○在宅復帰、在宅療養支援
 ○転院・施設入所に関する相談
お気軽にご相談ください。

地域医療連携室をご利用いただくと

  かかりつけの診療所を介して、地域医療連携室にて診療・検査の予約をして頂いた場合、初診時の診療時の診療手続きが簡素化されますので、当院の速やかな診療が可能となります。

  特殊検査(CT・MRI・シンチグラム・内視鏡検査など)をかかりつけの診療所から地域医療連携室へ直接検査を依頼することができ、当院での複雑な診療手続きを省き、一回の来院で検査実施が可能です。

  ただし、大腸内視鏡検査については事前の受診が必要となります。
  受診された診療・検査結果は紹介のかかりつけ医へ報告され、当院での診療内容が引き継がれます。


地域医療連携室の業務

  1. 地域の医療機関(患者さんのかかりつけ医)との病診連携
    (1)地域の医療機関からの紹介患者さんの診療予約受付
    (2)地域の医療機関からの検査(CT・MRI・内視鏡検査など)の予約受付
    (3)紹介医への検査結果及び、診療状況の報告
  2. 地域連携の会の開催
  3. 地域医療連携室だより「たすき」の発行
  4. かかりつけ医紹介
100147_11.jpg    100147_12.jpg 
 

開業医の先生方へ

患者さんのご紹介については、地域医療連携室をご利用ください。
初診時の診療手続きが簡素化され、当日の速やかな診療が可能となります。

診察予約の流れ

診察予約申込書を地域医療連携室へFAXしてください。
診療科と相談の上、ご紹介内容により専門医の受診予約をいたします。


検査予約 (CT・MRI・RI) の流れ

地域医療連携室にお電話ください。
検査の時間予約をおとりいたします。
* CT・MRIについては月~金の予約となります。

* RIについては放射線技師とご相談させていただきます。


診察申込書をFAXしてください。
検査予約票を返信いたしますので、患者さんにお渡しください。



開放型病床ご利用のご案内

【開放型病床】

開放型病床に関する連絡先(医療福祉支援センター)
 TEL 076-437-1120
 FAX 076-437-1131


【病院の概要】

1.病院の名称:富山県済生会富山病院(TEL:076-437-1111)
2.所在地:〒931-8533 富山市楠木33番地1
3.設置主体:社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 富山県済生会
4.診療科:内科 消化器内科 循環器内科 糖尿病・内分泌内科 神経内科 小児科 外科 
消化器外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 脳神経外科 麻酔科 
リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 病理診断科
5.病床数:250床(うち開放型病床5床)
  3階病棟(1床)4階病棟(1床)5階病棟(1床)6階病棟(1床)7階病棟(1床)
6.患者を受け入れる診療科は原則として、内科、外科、脳神経外科とします。

【登録医手続き】

1.登録医とは
 登録医とは、富山県済生会富山病院開放型病床を利用するために、登録医申請書(様式1号)により、病院に届け出た富山市医師会、滑川市医師会及び中新川郡医師会の会員を指します。
2.登録医の手続き
(1) 登録医申請書(様式1号)に必要事項を記入し、富山県済生会富山病院 医療福祉支援センターに提出します。
(2) 所属医師会長の推薦を得て、病院長が登録医として登録します。
(3) 富山県済生会富山病院は、登録医証(様式2号)を交付します。
3.登録医に登録後は、毎年度自動的に更新されます。ただし、富山県済生会富山病院開放型病床運営委員会の判断により、登録が取り消されることがあります。
4.登録医が脱退を希望する場合は、文書(様式適宜)で病院長に届け出てください。
100147_14.jpg

登録医申請書(PDF)に記入
登録医申請書を提出

医師会長の推薦を代理申請
登録医証明書を交付



【入院手続き】

1.FAX送付
 登録医は、入院予約を希望する場合、開放型病床入院申込書(様式3号)を医療福祉支援センターFAX(076-437-1131)にて送信してください。予約後、入院申込書を患者さんに交付し、入院日に病院窓口に提出していただいてください。  
  • 開放型病床入院申込書 (PDF)

    2.入院の指示
     登録医は、患者さんに入院の指示をしてください。このとき、患者さんに開放型病床を利用する場合の共同指導料等の費用の負担について説明し、開放型病床入院承諾書(様式4号)をもらってください。患者さんは、指示された日時に来院し、初診受付へ開放型病床入院申込書を含む、下記の書類を提出してください。
     
  • 入院事務手続きに必要なもの
    (1) 開放型病床入院申込書(様式3号) (PDF)
    (2) 開放型病床入院承諾書(様式4号) (PDF)
    (3) 保険証
    (4) 公費医療受給者証(該当者のみ)
    (5) 印鑑
    ※やむを得ず受け入れ出来ない場合は、電話連絡致します。
    3. 病床数の5床を超えた場合は、通常の紹介患者入院となります。

  • 【診療】

    1.登録医は、1階26番の医療福祉支援センターにある登院簿に登院月日・時間等を記入し、病院の用意する白衣、名札を着用してください。
    2.登録医は、院外主治医となりますので、週一回以上は登院することが望まれます。
    3.患者さんの診療方針については、登録医・病院医間で充分に協議し、連携して診療にあたります。
    4.登録医は、診療後診療録に必要事項を記録してください。投薬・検査等の指示がある場合は、病院医に指示してください。
    5.患者さんに突発的な事態が生じたときは、病棟師長または代行者は、病院医に連絡し、指示を受けます。病院医に連絡がとれないときは登録医に連絡し、指示を受けます。両者不在のときは、病院医代行医師の指示を受けます。
    6.登録医の診療時間は、原則として午前9時~午後5時30分とします。
    7.登録医は、登録した方法では連絡がつかないことが予想される場合は、医療福祉支援センターに連絡方法を明らかにしておいてください。

    【退院、転科及び転床】

    1.患者さんの病状に応じ、登録医と病院医との協議により、一般病床へ一時的に転床することができます。また、開放型病床へ戻るときも、両者の協議により行います。
    2.患者さんの退院は、登録医と病院医との合意によりこれを許可します。

    【施設の利用】

    1.登録医が病院内の施設器具を使用するときは、病院の規則に従ってください。

    【診療報酬】

    1.登録医の診療報酬
     登録医は、開放型病床に赴いて、入院している患者さんを病院医と共同して診療した場合に、患者さん1人1日につき1回開放型病院共同指導料(Ⅰ)が算定できます。
    2.病院の診療報酬
     病院は、紹介された患者さんを開放型病床において登録医と共同して診療した場合に、開放型病院共同指導料(Ⅱ)が算定できます。 病院の診療報酬



    【医療事故】

    1.開放型病床における医療事故は、病院医と登録医が協力して処理にあたります。費用等は、病院の一般患者さんと同様に扱います。ただし、登録医が病院医に相談しなかった医療行為により生じた事故については、病院は、登録医に対し求償権を保有することになります。

    【運営委員会】

    1.開放型病床の運営管理に関し、必要な事項を協議するために運営委員会を設けます。
    2.運営委員会は、病院内及び病院外の委員で構成し、委員長は、病院長とします。
    3.委員の任期は、2年で再任を妨げません。
    4.年1回の定例会のほか、必要に応じ臨時会を開催いたします。
    5.事務局は、富山県済生会富山病院医療福祉支援センターにおきます。

    【登録医としての留意事項】

    1.登録医は、病院の規則を遵守してください。
    2.開放型病床における症例について、症例検討会に参加し研鑽に努めてください。
    3.診療にあたっては、病院医と登録医で充分に協議してください。

     

    お問い合わせ

    済生会富山病院 医療福祉支援センター 地域医療連携室
     TEL 076-437-1120
     FAX 076-437-1131

    <受付時間>月~金 8:30~17:30

    専門外来のご案内

    専門外来については、こちらをご覧ください。

    救急診療について

       緊急を要する患者さんについて
    • 脳卒中の急性期患者は、ホットラインをご利用ください。
      連絡先:脳卒中ホットライン(090-7599-5599)24時間365日、いつでも診察可能
    • 脳卒中以外の患者さんに対しては、医療福祉支援センターへご連絡ください。

    先頭へ